送る人によって分けたい、出産内祝いに適したプレゼントってどんなものがあるのか

HOME>オススメ情報>出産祝いをもらったら返す内祝い、それぞれ送る人に合った品物を選ぼう

内祝いで送りたい色々な種類のプレゼント

赤ちゃん

無事に我が子を出産し、幸せいっぱいな気持ちに包まれ育児がスタートしますよね。育児が始まってみると、今まで考えていたよりももっと大変なことの連続です。また、産まれてきた我が子に対してのお祝い、いわゆる出産祝いをいただくことがあります。夫婦お互いの両親や、親戚、職場の方や友人など、きっと様々なところからお祝いをいただくことでしょう。きちんと親として、出産内祝いをすることも、役目ですね。産後すぐには、自分の体調も整っておらず、出産によるホルモンバランスの崩れなどもありますから、すぐに返す必要はありません。だいたい、お祝いをいただいてから一か月頃を目途に返しましょう。ここ最近では、本当に様々なものが売られています。中でも喜ばれるのは、生まれた赤ちゃんの顔写真と名前が入ったお祝いのセットが喜ばれます。

費用の相場ってどれくらいなのか

内祝い

世間一般的に、出産内祝いで返すべきと言われているのは、半返しです。つまり、いただいた額の半分くらいのもので探せばいいのです。ご両親になると、高額をいただく方もいると思いますが、その場合は、3分の一くらいを目安に返す人が多いと言われています。職場の方や友人となると、お祝い金ではなくて、ベビーグッズなどの品物を送ってくれることもあります。その場合は、大体のそのものの値段を自分で調べて把握して、半分以下くらいの何か品物で返すのがいいでしょう。みんなに配れるお菓子ギフトなどが、おすすめです。

どんな品物を送るのが評判いいのか

プレゼント

最後に、どんな品物を送るのがいいのかを述べたいと思います。ここ最近とても人気なのは、名入れ商品です。生まれた赤ちゃんの名前や誕生日、体重や身長、顔写真などを商品そのものに入れてもらって、送るギフトです。少し前に、かわいいと話題になったのは、名入れの米俵です。おじいちゃんおばあちゃんにとってみれば、孫の生まれた時の体重そのままの米俵、嬉しく愛しく思うでしょうね。送る相手によって、何が一番喜ぶのかを考えながら、出産内祝いを選ぶことは、親となってからの責任でもありますよね。

広告募集中